健康診断の結果、コレステロール値が高いと指摘され、
卵や魚卵を我慢するように注意されてしまった!

そういう経験をお持ちの方、運動不足と食生活が
乱れがちな現代人では少なくない事でしょう。

血圧やメタボリック症候群などと同じく、大変
身近な生活習慣病の一つである、高コレステロール。

コレステロールが高いという結果が出てしまって、
下げようと生活習慣を改めておられる方も多いでしょう。

では、コレステロール値を改善するために、
どういう努力ができるのでしょうか?

◆コレステロール値を下げる方法

コレステロール値を下げようと思ったら、日々食べるもの、
つまり、毎日の食生活が大きなウェイトを占めてきます。

では、コレステロールを下げる食品としては、
どういったものがあるのでしょうか?

実際、コレステロールを下げる食品には、色々ありますが、
特に、ヨーグルトが効果的だそうです。

コレステロール値が高いと、卵類や乳製品を控えるように
と言われることもあると思いますが、乳製品に入る
ヨーグルトは食べても良いのでしょうか?

むしろ、コレステロールを下げる食品とされるのは
なぜなのでしょうか?

この記事では、ヨーグルトについて詳しく調べ、まとめました。

◆ヨーグルトにはコレステロールを下げる効果がある?

コレステロールを下げる食品として、ヨーグルトが
効果的だと言われています。

ヨーグルトは古来より世界中で愛されてきた食品、
そして、今では日本でも様々な種類が販売される
ようになりました。

ヨーグルトには、色んな乳酸菌が含まれているのが
特徴で、コレステロールも下げる働きがあるようです。

悪玉コレステロール値が高い人は、腸内の乳酸菌バランスが
崩れている人が多いようです。

乳酸菌には、食物繊維と同じように、腸内で
悪玉コレステロールを吸収して、体外に一緒に
排出するという働きがあるのです。

また、コレステロールの材料となる胆汁を
分解する働きもあるため、悪玉コレステロールを下げる
食品として効果的だと言えるのです。

◆ヨーグルトの効果的な食べ方

そんな働きがあるなら、ぜひともヨーグルトを
取り入れたいですよね。

では、どういうふうにヨーグルトを食べれば、
効果的にコレステロールを下げることができる
のでしょうか?

乳製品の中でも、特にバターやチーズは、コレステロール値
を上げるとして、控えるように言われることが多いのですが、
ヨーグルトは乳製品の中でも、コレステロールの量が
とても少ないんです。

ヨーグルトを食べる時には、1日あたり大体200g食べると、
コレステロールを下げる食品として効果的だとされています。

市販されている500gのプレーンヨーグルトだったら、
だいたい2日で食べきるスピードですね。

ヨーグルトにも色々種類がありますが、特に、
腸内環境を整える働きを持つ菌が入ったものがお勧めです。